期間工の選考では筆記テストがある?試験の主な内容や準備すべきことを解説

期間工の選考では筆記テストがある?試験の主な内容や準備すべきことを解説


期間工は、未経験でも学歴を問わず採用される仕事ですが、書類選考や面接に通過しなければいけない点では他の職種と同じです。そのため、採用されるための対策や準備を怠ると、時間と労力を無駄にしてしまうことになりかねません。
 
本記事では、期間工の採用において、選考会では筆記テストが実施されるのか、筆記試験以外の対策をどうすべきかについて解説します。期間工として働きたいと考えている方は、万全の準備を整えておきましょう。
 

期間工の選考では筆記テストが課されることもある


 
期間工の採用にあたっては、一般的には面接や体力測定などが実施されます。筆記テストの実施の有無は募集先のメーカーによって変わりますが、採用の選考段階で実施されることは少ない傾向にあります。
 
また、期間工の選考基準は比較的緩やかであり、最終学歴や職歴、スキルなどは重視されません。求められているのは、健康で肉体労働に適した体力を持ち、できるだけ早期に入社可能で、長期間働ける人材です。
 
ただし、身だしなみが整っていないと判断された場合や、面接での受け答えが適切でない場合には不合格になることもあります。身だしなみや面接対策など基本的なことは事前に十分な準備をしておきましょう。
 

筆記テストで出題されるのはどのような問題?


 
筆記テストの内容は企業によって異なりますが、一般的に小学生から中学生レベルの国語・数学や、文字列の間違い探しなどが出題されます。
 
基礎的な知識があれば事前に勉強せずとも解答できる問題が大半ですが、計算などに自信がない場合は、事前に勉強しておくとよいでしょう。
 
筆記テストでは、応募者の学力や事務処理能力を測ることが主な目的ではなく、応募者が多い場合にふるいにかけるための意味合いが強いとされています。そのため、筆記試験の点数が多少低くても、面接に問題がなければ合格する可能性が十分にあります。
 

採用されるためには筆記テスト以外にも対策が必要


 
期間工の選考では筆記テストだけでなく、適性検査や面接が実施されます。どちらもメーカー側が応募者の期間工で働くための能力を見定めるものであるため、しっかりと準備して臨みましょう。
 

適性検査が行われる可能性もある

適性検査では、ライン作業を問題なく遂行できるかどうかを確認するため、簡単な体力測定が実施されます。
 
主な測定項目は、握力測定や反復横跳び、身長・体重測定です。これらは日常生活で支障なく行動できる範囲の運動能力を評価するために行われるものです。手先の動きに問題があったり、足に重度の怪我を負っていたりする場合は不合格となる可能性があります。
 
期間工の仕事では、単純作業の繰り返しが多いため、日常生活に支障がない程度の健康状態であれば問題ありません。
 

面接の準備もしっかり行う

期間工の選考において、最も重要なのが面接です。面接の形態は、集団面接または個人面接のいずれかの形式で実施されます。近年では、オンライン面接を導入する企業も増えています。どの形式の面接でも問題なく対応できるよう、事前に準備しておきましょう。
 
面接で聞かれる主な質問は、「志望動機」「希望する勤務期間」「工場での仕事経験の有無」「体力に自信があるか」など、基本的な内容が中心です。
 
もし面接に不安があるのであれば、直接雇用であれば面接対策の講座を自分で探して受講してみましょう。派遣であれば、一般的には登録している派遣会社に面接対策のサポートを依頼できるため、ぜひ相談してみましょう。
 

健康診断に備えて健康面も整えておく

多くの場合、健康診断は採用後に行われる入社説明会時に実施されます。健康診断の結果に問題があり、期間工としての就業が困難であると判断された場合には、入社が認められないこともあります。
 
例えば、視力や聴力に問題があったり持病を抱えていたりすると、業務が安全に遂行できず、重大な事故につながるリスクが高いため、不採用となってしまいます。
 
期間工の仕事では夜勤となることも多く、健康診断に問題があると不規則な生活リズムに適応できない可能性もあります。したがって、期間工として働くためには、日頃から自分の健康状態を適切に整えておくことが大切です。
 

正社員登用を目指す場合にも筆記テストがある


 
期間工のキャリアパスのひとつに、正社員登用を目指す道があります。正社員になれば、給与や待遇の改善、昇給・昇進の機会など多くのメリットが得られます。
 
正社員登用試験では、主に筆記テストと面接が実施されます。筆記テストはSPIが採用されることが多く、主に中学レベルの国語・数学の問題が出題されます。
 
面接は集団の形式で行われることが多く、質問に対する適切な回答能力、話し方や態度などが評価ポイントとなります。
 
正社員登用は自己申告だけでは実現せず、所定の勤務期間と年齢条件を満たし、上司からの推薦を受けた人のみが登用の対象となります。そのため、日頃から真面目に業務に取り組む姿勢が重要です。
 

筆記テストだけでなく、面接対策や健康管理が採用されるためのポイント


 
期間工は、未経験でも学歴を問わず採用される仕事であるため、しっかりと準備しておけば、採用となる可能性を高められます。
 
筆記テストが行われることは少なく、実施されても簡単な計算問題などに留まります。
また、面接対策に自信がない方は、面接対策の講座や派遣会社のサポートを活用しましょう。
 
期間工という職種で一生懸命働き、収入を得ながら、将来的には正社員への道を模索してみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事

まだデータがありません。

応募・選考会日程

プライムアースEVエナジー株式会社
〒431-0422 静岡県湖西市岡崎20番
期間採用担当
Tel:053-577-6044